直線上に配置



 定期行事


川崎糖尿病懇話会は1993年に発足し、川崎市における糖尿病患者の病診連携をメイン

テーマに活動している。年3回の定例研究会(会場は武蔵小杉駅近くのホテル・ザ・

エルシー)は計
30回を超え毎回100名以上の医師・コメディカルが参加されている。

当研究会は軽食(会費
500円)をとりながら、毎回決められたテーマに沿って各医療

スタッフが忌憚のない意見を交換する事を目的とし、日本糖尿病療養指導士・神奈川

糖尿病療養指導士の単位も取得可能となっている。また、毎回
300人を超える市民が

参加する『川崎糖尿病市民講座』(年1回)、各種コメディカルスタッフが中心に企画

する『川崎市糖尿病療養指導士講習会』(年1回)などを行い、各種医療スタッフや

患者さんとの交流を図っている。

 

 

   


トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置